個人もしくは社会の、虚しさを転じるためのアプローチ。

 

名もなき無数の人間をいかに立脚できるかを考えたい。

 

 

 

 

 

内山 智恵(UCHIYAMA Chie)

 

 

三重県生まれ。東京在住。第二のグロイスになりえるキュレーターを釣り上げるアーティスト集団「グロイス・フィッシングクラブ」のメンバーとしても活動。

 

2017 グロイスフィッシングクラブ「#遠距離恋愛(キュレーター:下山由貴)」(野方の空白、東京)

    グループ展「HOLLOW」(セッションハウスガーデン、東京)

      丫戊个堂キュレーション展「「危機」の時代のオルタナティブ・アート」(東京都 谷中某所)

2016 松本しげる・弓塲勇作二人展「現実の鍋」出品(ゲンロン カオス*ラウンジ五反田アトリエ、東京)

          「ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校第1期成果展 先制第一撃」(ゲンロンカフェ、東京)

2015 個展「ダライ・ラマ石けん切り分けイベント」(Oz Gallery、東京)

2014 グループ展「3」(セッションハウスガーデン、東京)

          日本バングラデシュ国際美術交流展「kahal art competition & exhibition2014」(The Artcomplex Center of Tokyo、東京)

2013   個展「絵画で解決できない問題を、絵画で解決できるかどうかーたとえばチベット(における無常について)へのアプローチ、他」(ギャラリー檜

     c、東京)

 

 

 

 

第3回 Dアートビエンナーレ展   入選

シェル美術賞2013 入選

第64回東洋美術学校卒業制作展 優秀賞

 

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です